産後骨盤ベルトで体型を元に戻すプラスαを手に入れましょう!

産後の体型ケアについて調べてみると、30代での出産を経験された場合や、二人目、三人目の子供を出産を経験された場合に体型を出産前の状態に戻すのが面倒に感じてしまうという人がとても多いということがわかりました。

 

 

もしかしたらあなたもそんな風に思っているのかもしれませんね。

 

 

確かに何もしなくても出産によって開いた骨盤は元の状態に戻ろうとします。
しかし、キチンと産後の骨盤ケアをしていないと、戻る過程で骨盤が歪むリスクがとても高くなるのです!

 

 

骨盤というのは上半身と下半身を繋いでいる、家でいうと基礎の土台となっている部分でもあるので骨盤に歪みが生じているとその影響は全身の至るところで症状として表れてくることがあります。

 

 

例えば、骨盤の歪みによって引き起こされる代表的な症状としては

 

・ポッコリとした下腹がなかなか引っ込んでくれない
・赤ちゃんを抱いていると肩がとても凝ってしまう
・O脚やX脚で見た目も悪く下半身太りが気になる
・足や手の指先がまるで自分とは切り離されているかのような異常な冷え
・腰痛や頭痛の悪化

 

このような症状が引き起こされてしまうのです。

 

もちろん、こういった健康的な面ももちろんですが、生まれてきたお子さんにとって、
自慢のできるような綺麗なママでいるためにも「だらしないスタイル」だけは避けたいものですね。

 

 

そうならないためにも産後の骨盤をしっかりとケアしていきましょう!
出産をして美を諦めるのではなくより一層追究していくと生活も充実してくるのではないかと思います。

 

家庭的でありながらも綺麗なお母さんは周りからの憧れの的となることでしょう。

 

普通なら出産をきっかけに体型を崩すところですが、
しっかりと産後骨盤ケアをすることで、妊娠前よりもむしろ理想的なスタイルを手に入れることもできます。

 

そして、昔に比べると骨盤ベルトを始め、骨盤ケアのグッズが増えてどんどん充実してきているので
わざわざエステサロンに通ったりしなくても自宅で手軽に取り組むことも可能です。


産後の骨盤ケアはなぜ骨盤ベルトがいいのか?

産後骨盤ケアで欠かせないアイテムとなっているのが骨盤ベルトです。

 

一口に産後骨盤ベルトと言っても、出産前から付けて妊娠中の腰痛の軽減に効果があるものから下半身太りやポッコリお腹を引っ込めるために利用するもの、ガードルと一体になっているものまで様々です。

 

 

また、産後の体型ケアとしてはウエストニッパーや腹帯でも大丈夫と言われるかもしれません。

 

 

そういったもののほうが骨盤ベルトよりかは安価なのでそれで十分と思ってしまうかもしれませんが、ウエストニッパーや腹帯というのはウエストを締め上げているだけなので骨盤ベルトとはそもそも役割が全く違うものだと思っておいたほうがいいでしょう。

 

 

産後の体型に大きな影響を及ぼす骨盤の開きをキチンと戻すことがとても大事で、歪みが生じないように骨盤を戻していくためには産後骨盤ベルトが必要不可欠だと言えます。

 

 

なかなか元に戻らない体型を鏡で見てため息をつくのではなく、
しっかりと骨盤ケアをして徐々にスタイルが良くなる自分を想像して楽しみましょう!


産後骨盤ベルト人気ランキング

楽天ランキングでも1位を獲得!!
独自開発の6つのベルトが凄い!
編み込み一体型の骨盤ガードルが履いているだけでスッキリと理想のボディを作り上げます。

 

女性の気になる部分全てをこの1枚でカバー!!
ストレスフリーを目指して開発された骨盤ベルト
履いているだけでもボディラインがほっそり見えるので応急措置にも◎

 

商品の開発には骨盤系の商品で挫折した女性が参加して不満点を徹底的にリサーチして女性の骨格や筋肉の付き方など細部に渡るまで調べ上げて作られています。

 

厚さ0.3ミリというストッキング並みの薄さを誇るこの商品は
「一日中履いていても苦しくない」
「アウターにひびかないのでファッションが楽しめる」
などこれまでの骨盤ベルトの悩みを全て解消♪

 

価格も骨盤ベルトの中では低価格でコストパフォーマンスも高いのです。

 

・3990円 ※3枚購入で送料無料

 

TVショッピングでも大人気になった骨盤ベルトです。あのぷっスマでも取り上げられ、楽天市場の人気ランキングでも1位になった商品です。その他有名雑誌でも数多く取り上げられている巷では一番人気の骨盤ベルトでしょう。

 

骨盤ウォーカーベルトの最大の特徴は骨盤全体を支えるリセットプロポーションベルトに加えて仙骨を支えてくれる仙骨パッドが装着されていることです。仙骨とは骨盤の骨の中の一部分のことですが、初期の骨盤のズレというのはこの仙骨と腸骨の間にある仙腸関節というところのズレから始まると言われています。

 

骨盤ウォーカーベルトに装着されている仙骨パッドは仙骨に合わせた形状で作られていて傾いた仙骨を正しい位置に戻してくれる働きをしてくれます。

 

この仙骨パッドが装着されていることによって後ろから誰かに支えられているような感覚になり自然と背筋も伸び歩いたりするのが楽になります。モニター体験でもやはりこの仙骨パッドがあることで他の骨盤ベルトとは異なる効果を感じているという人が多いようです。

 

産後のダイエットや産後の腰痛緩和が目的ならウエストスリマーもセットで購入するといいでしょう。

 

・骨盤ウォーカーベルト 7980円
・ウエストスリマー 4980円

 

1995年の発売以来ロングセラー

 

スリムロイナーの特徴は着けている間だけではなく、脱いでも綺麗な身体作りができる点です。

 

トコちゃんベルトなんかがそうですが、ガッツリベルトタイプの骨盤ベルトは着けていると楽ですし、補正力も高いと思いますが、ずっと装着していることで肉割れになったり、アザみたいになってしまったりと着けっぱなしだとちょっと不安ですよね。

 

スリムロイナーは通常だと20分〜30分は時間が必要な骨盤ケア体操をたった3分間に短縮することができる言わば運動補助用具といったところです。短時間で出産によって弱った骨盤底筋群の筋力を回復し、最終的には骨盤ベルトに頼らずとも引き締まったウエスト&ヒップを手に入れるという骨盤ベルトです。

 

・8800円

 

当サイトの産後にオススメの記事の紹介♪

 

なんで産後骨盤ベルトで骨盤ケアが必要なの?

出産後の骨盤は妊娠前に比べると開いた状態になっています。

 

子供を産んだらすぐ戻るんでしょ?と思っている方もいるかもしれませんが、出産をしたからといって開いた骨盤がすぐに元の状態に戻るわけではありません

 

時間をかけながらゆっくりと元に戻っていくのですがその時に変な力を加えたり動き回ったりしていると骨盤が歪んだ状態のままになってしまったり、開いたままの状態で固定されてしまうことがあるのです。

 

 

骨盤が開いた状態のままだとO脚の原因になってしまうこともあります。
詳しくは「骨盤の歪みの確認方法と歪みが原因で起こる症状」の記事で詳しく紹介しているので参考にしてくださいね。
なので産後の骨盤対策をしていないと妊娠前より体型を崩すということが起こってきます。

 

 

しかし、最近はこのような産後の骨盤対策に効果のある産後骨盤ベルトなどがたくさん揃っているのでそういった物を上手く使えば妊娠前の体型を維持できますし、場合によっては妊娠前よりもスリムな体型を手に入れることできるのでオススメです。


骨盤ベルトで定番のトコちゃんベルトは産後に使える?

もはや妊婦さんの中では知らない人はいないというほどの産後骨盤ベルトです。

 

タイプや種類によって使い時や料金が変わってくるのでランキング外としましたが以前として人気が高いということには変わりないでしょう。産婦人科でも勧められている商品です。現在TからVまであって骨盤の状態や痛みの出ている部分などによって使い分けることができます。

 

とてもシンプルな作りなのですがその効果を実感している人が多いのが特徴です。また、骨盤だけを引き締めるように設計されているので妊娠中からも使用することができて腰痛の軽減などに役立ちます。特に妊娠中はトコちゃんベルトが手放せない!という人も多かったのではないでしょうか?

 

 

市販では購入できないので取り扱っている病院もしくはインターネットで購入することができます。病院によっては装着の仕方や試着などを無料もしくは有料でやっているので一番馴染み深い産後骨盤ベルトです。

 

産後ダイエットというよりは妊娠中の腰痛の緩和などによく利用している人が多いようです。

 

・6300円〜 タイプやセットによって価格は前後します。

 

産後骨盤ベルトは使い続けることが大事!

産後の骨盤ベルトに限らず、骨盤ベルトも含めるととても多くの種類の商品があることに気付くでしょう。口コミや骨盤への効果というのもとても大事ではありますが、続けることができるのが一番のポイントではないでしょうか?

 

 

あなたもこれまでにいろいろな美容グッズを試してきた経験があると思います。
そんな中でやっぱり続けることで結果が出てきたという商品も多いのではないでしょうか?

 

 

ダイエットなんかまさにいい例ではないでしょうか?痩せるためのグッズや運動法などいろいろありますが、やはりある程度続けないと意味がありません。例え効果があるとわかっていたとしても続けなければ痩せることはできませんよね。

 

 

それは過酷な運動を毎日していればよっぽどのことがない限り体重は減っていきます。
ダイエットに挑戦する全ての人はそんなことぐらいは頭ではわかっていると思います。

 

しかし、続けることができないのです。
それは痩せたいという願望よりもその過程の辛さが上回ってしまっているからです。

 

 

産後の骨盤ケアがダイエットと全く同じかと言えばそれはまた違う話ですが、ちょっと極端に考えたほうが続けることがどれほど大事なことなのかというのはわかりやすいかなと・・・。産後骨盤ベルトも続けることが大事なのは変わりません。

 

 

当サイトで一押しの産後骨盤ベルト「ビューティーシルエット」やその他の商品は、売れ筋や口コミという人気はもちろんですが、「続けることができる」「使い始めることができる」という点もポイントにしています。

 

 

コストパフォーマンスや産後骨盤ベルトを装着した時の違和感のなさ、日常生活への影響など、少なくとも産後の体型ケアに必要な期間だけでも無理なく使い続けることのできる商品を紹介しています。

 

 

産後骨盤ベルトがなければいけない!というわけではありませんが、産後すぐの期間から痩せたいとか、早く体重を減らしたいと思ってダイエットを始めるよりは、骨盤ベルトを利用することで、履くだけでも見た目の印象が良くなりますし、産後骨盤ベルトを使い続けることで骨盤ケアもできるのでそういう部分では産後の骨盤ケアが大分楽になることでしょう。


産後骨盤ベルトはいつまで付ければいいのか?

いろいろな産後骨盤ベルトが出ていますがそれぞれ自分の状態などに合わせて選んで付けていけばいいと思いますが産後の骨盤ベルトはいつまで付けていればいいのか?という時期の問題で悩んでいる人もいるようです。

 

一般的に産後骨盤ベルトというのは産後1ヶ月から2ヶ月程度付けていればいいと言われています。中には骨盤が歪むことを恐れてずっと付けているという人もいますが、ずっと続けて付けていると出産によって弱っている骨盤底筋などが回復しなくなってしまうということもあるようです。

 

 

また産後だとしても一日中骨盤ベルトを付けっぱなしにしているのはあまり良くないと言われています。1日付けていることを前提にしたような骨盤ベルトならまだわかりますが締め付けの強いものを長時間付け続けることで血行が悪くなったりしてしまう可能性もあるのでそういった産後骨盤ベルトを付けているという人はたまには外す時間帯も作っていくといいでしょう。

 

 

あくまでも産後に付ける骨盤ベルトというのは骨盤が歪まないように矯正したり一時的に体の支えを補助してくれるものだという捉え方をした上で産後骨盤ベルトだけに頼らずに徐々に骨盤底筋などの筋肉を意識して鍛えていくといいでしょう。

 

 

特にトコちゃんベルトのようなしっかりしたような産後骨盤ベルトは産後1ヶ月から2ヶ月程度に留めておいて、気になるようであればガードルなどの比較的締め付けが緩い商品に切り替えて同時に筋トレやストレッチなどのセルフケアをしていくといいでしょう。


産後骨盤ベルトと産後骨盤ガードルの違い

産後骨盤ベルトやガードル、ウエストニッパーなどいろいろな種類があって分かりにくいですね。
基本的には産褥期の期間に使うなら産後専用の商品を使用するといいでしょう。

 

骨盤ベルトと検索をすると通常時に使用するようなものも一緒に出てきてしまいますが産後に通常使用するものを付けていると要らないところまで締め付けられてしまって母体にトラブルが起きてしまったりする可能性もあるので注意が必要です。

 

 

産後の体型ケアは産褥期を過ぎてからでもまだ間に合います。
あまり焦りすぎていけないのできちんと時期にあった商品選びをすることが大切です。
産褥期については「産後にオススメの食べ物と避けたい食べ物」の記事の中でいつなのか?について詳しく紹介しています。

 

産後骨盤ベルトとして有名なとこちゃんベルトがなぜ妊娠中から付けていることができるのかというと余計な部分を引き締めずに骨盤だけを引き締めてくれるからです。(とこちゃんベルトのシリーズの中にはそうでない商品もあります。)なので他の部分には負担にならずに妊娠によって起こる腰痛などの様々な症状を緩和・予防してくれるのに役に立つんですね。

 

 

しかし、下腹の脂肪や産後の体型改善にはさほど効果は見られないでしょう。
骨盤の開きを直してくれるので大きな意味ではとこちゃんベルトでも効果はあります。

 

また、最近では骨盤ガードルと骨盤ベルトが一体になっている商品も販売されています。妊娠中はガードルなどを付けることは不可能ですがこのような商品の中でも産後に使えるように設計されている商品もあるのでそういうものを使ってもいいですね。

 

 

基本的には産後の骨盤ベルトと言っても使う時期が産後すぐなのか産褥期を過ぎてからなのかわかりずらいかもしれませんが商品の販売サイトに大抵は記載がありますのでそれを参考にしながら後は自分が引き締めたい部分(骨盤、ウエスト、下腹etc)を考えた上でこのような産後の体型をカバーするアイテムを選ぶといいでしょう。


産後の起き上がりの時期について

産後すぐの状態というのは言うまでもなく骨盤自体は開ききっています
それから時間の経過と共に骨盤は徐々に元の状態に戻っていくのです。

 

 

この時に大事なのは産後の起き上がりの時期です。
よく産後の骨盤ケアをしないと骨盤が歪んだ状態で元の位置に戻ってしまうと言われていますが、考えれば当たり前のことで、開ききっている状態=体全体が緩んでいる状態のまま起き上がり、歩いたり負荷をかけることが原因となっているのです。

 

そしてそのままの状態で固定されてしまう。
これこそが産後骨盤ケアに失敗してしまった状態と言えるでしょう。

 

 

よく海外の女性に出産後体型が元に戻らずにそのまま太っていってしまう女性が多いのは、欧米式の病院での出産の場合を考えると産後すぐに起き上がったりしてしまうケースが多いからだと言われています。それぐらい産後の起き上がりの時期というのは骨盤と関係が深いと言ってもいいでしょう。では産後の骨盤の歪みを無くすために最適な起き上がりの時期というのはいつなのでしょうか?

 

 

骨盤の左右のバランスが取れない時に起き上がることで骨盤の歪みが発生してしまうので逆に言えば、起き上がりに最適な時期というのは左右の骨盤のバランスが同じになった時です。ちなみに骨盤がどのようにして元の状態に戻っていくかというと左右同時にというわけではありません。片方の骨盤が交互に元の位置に戻ろうとするのです。

 

 

その周期は大体8時間程度と言われています。
それを何回か繰り返すことによって骨盤はバランスよく均等な位置に戻ってくるのです。

 

 

骨盤が均等にバランスの取れた状態に戻っているのかを知るために重要なのが体温です。
左右で体温を計った時に温度差がなければ骨盤の状態はバランスが取れていると言えます。

 

 

その時に起き上がりをすることで骨盤はバランスよく元に戻ると言われています。
もちろん起き上がりをしたからと言って自由に動き回っていいということではありません。

 

 

あくまでも起き上がりに最適な時期というだけであって出産後は体力が低下していますから、余計に動くことは避けて、体力が回復する時を待つようにしましょう。無理をせず、焦らずゆっくりと過ごすことが産後体型ケアには重要なことなのです。