産後クライシスとは?

産後に夫婦仲が悪くなってしまう現象のことを産後クライシスと言います。

 

 

この言葉を聞いたことがなくても実際に体験をしている人は多いのではないでしょうか?

 

この産後クライシスという言葉はNHKのあさイチという番組の特集で取り上げられ名付けられた現象なのですがそれまでは育児ノイローゼや産後ブルーなどと言った言葉で言い表されて来ていましたが、出産後に起こる夫婦や社会の問題として定義付けられたものです。

 

実際にこの番組の中で行われた調査では300人のうち出産直後から夫への愛情が急に下がったという人が半分にも達する結果になったそうです。

 

このような産後クライシスという現象と深い関係にあるとされているのが
男性の育児や家事などへの参加なんだそうです。

 

 

旦那さんが育児や家事を手伝っているという家庭ではこの産後クライシスは起こりにくいというデータもあるそうです。もし男性が家事や育児は女性がやるものと思っていたらこれは産後クライシスに要注意ということです。中にはそれまで長年連れ添ってきた夫婦にも関わらず出産を境に離婚に至ってしまうケースもあると言いますから注意が必要ですね。

 

 

基本的に男性が家事や育児に参加していれば防げるケースが多いのですが女性側からの対策としては家事や育児に参加してくれたら褒めてあげたり男性の家事に100%を望まない姿勢などが大事になってくるようです。

 

しかし、一番大切と言われていることは問題を一人で抱え込まずに自分が何を望んでいるのかといったことを言葉に出して伝えることなのだそうです。