産後の骨盤の開きについて

出産は体に大きな変化をもたらします。代表的なものには体重の増加や腰痛などがありますね。あなたも経験しているのではないでしょうか?

 

 

これらの変化の原因には骨盤が大きく関係していると言われています。
例えば出産の後に体重が元に戻らない原因には産後の開いた状態の骨盤が元の位置に上手く戻らずにその開いた骨盤の間に胃や腸が入り込んでしまい、下腹部が出てしまうぽっこりお腹になることがあります。

 

 

また、骨盤というのは体の中心に位置している骨で、体全体の骨の土台となっている骨なので、その骨盤が元に戻る時に正しい位置に戻らないで歪んでしまうと骨盤と繋がっている背骨も曲がってしまいそれが腰痛の原因となることもあります。

 

 

日常生活での姿勢などの問題から骨盤が歪んでしまうことはありますが、出産後は骨盤が開いている状態にあることから特に気を付けなければならないことの一つであると言えるでしょう。

 

 

しかし、出産後にいきなり元の体型を取り戻すために体を動かしたりすると逆に骨盤の歪みの原因となってしまうのでこれには注意が必要です。産後の起き上がりの時期については「産後骨盤ベルトを使ってしっかり骨盤ケアをしよう」こちらの記事の中で紹介しているので参考にしてくださいね。

 

産後の骨盤ケアで大切なことは骨盤を正しい状態に戻してあげることです。
そのためには産後骨盤ベルトや産後ニッパー、骨盤ガードル、サポーターなどのケアグッズが販売されているのでそれらを使って徐々に正常な位置に戻していきましょう。産後ダイエットなどはまず骨盤の開きを元に戻してから行うのがいいでしょう。


産後は骨盤底筋群が弱っている?

出産という大仕事を終えた後の体は当たり前なのですが弱っている状態になります。出産後安静にしていると徐々にこの弱った体は回復していきますが中にはなかなか元に戻らない部分というのも出てきます。そしてその中でも重要なのが骨盤底筋群です。

 

あなたは骨盤底筋群という言葉を聞いたことがありますか?
そもそもほとんどの方はこの言葉を初めて聞くのではないでしょうか?

 

骨盤底筋群というのは骨盤を底から支えている筋肉のことです。

 

内臓などを下から支えているのでとても大事な筋肉なのですが妊娠している時は赤ちゃんの体重も支えていたわけなので産後は特に弱っている部分でもあります。この筋肉が弱っていると尿漏れや頻尿に陥るというケースが考えられます。

 

実際に出産後にこのような症状に悩まれている方が多いのですがこれは骨盤底筋群が弱っているからと言っても過言ではないでしょう。このような症状は妊娠中から経験されている方も多いようですが自然回復を待っていてもいつまで経っても治らず、子宮脱という病気の原因にもなります。

 

 

なのでまずはこの骨盤底筋群を回復させることを第一に考えましょう。
この骨盤底筋群を鍛える時は細い筒状のものをお尻で挟んで持ち上げるというトレーニングをすることで鍛えることができます。産後すぐの状態の時に無理は禁物です。少し意識しているだけでも大分変わってきますので椅子などに座った時に椅子に接触する坐骨を意識して動かすと骨盤底筋群も徐々に回復してくるでしょう。


産後に骨盤が痛いのはなぜ?

出産時の陣痛の痛みに耐えて少し期間が経つとその反動のような痛みに襲われる人が多いと言われています。
大抵の場合が骨盤周辺の尾てい骨辺りの痛みを感じている人が多いようです。
また、痛みというまではいかないけれど違和感のようなものを感じる人もいるでしょう。

 

産後というのは自分で思っている以上に体はダメージを負った状態なので安静にしているのが一番なのですが安静にしていても痛みが取れないという人もいるでしょう。このような時には骨盤をしっかりと支えてくれるタイプの骨盤ベルトをしているとある程度痛みを軽減することができます。

 

 

痛みを感じている時はその痛みが一生続くのではないかと不安になってしまうかもしれませんが時間経過と共に自然と治まっていくことが多いようです。なので出産を終えたばかりの期間はなるべく動いたりすることがないような環境を作ることも大切です。まずは体の回復に専念しましょう。

 

 

基本的に骨盤や尾てい骨などは出産によって最もダメージを受けやすい部分でもあるのでその反動によって痛みを感じやすい部分でもあります。

 

骨盤ベルトなどである程度痛みを緩和することができますが、もし痛みが長引いたりするような時は整体院やカイロプラクティックに行ってみるといいでしょう。このような場合にはある程度痛みが和らいできてから骨盤底筋などを鍛えるトレーニングや普段の座り方などに気を配ったりなど徐々に骨盤ケアを進めていきましょう。